So-net無料ブログ作成
検索選択

夏休み2014-但馬路へ [兵庫]

例年通りに8月の末、ようやく夏休みとなり、
今年は兵庫県の北部に位置する但馬路へと出掛けました・・・

姫路から播但連絡道路を通り途中、
雲海に包まれた姿が話題となった竹田城を目にしながら和田山まで行きました。

1.JPG

走る車の中から見えるのですが、この時も沢山の方がお出掛けだったんでしょうね!?

そうやって和田山からは国道9号線を走り、先ず向かったのは但馬高原植物園です。

2.JPG

この植物園は標高680mで兵庫県美方郡香美町の瀞川(とろかわ)山の中腹にあり、
兵庫県観光百選第1位に選ばれている自然景勝地です。
とにかく、氷ノ山後山那岐山国定公園区域に指定されており、
わたしが子供の頃、父に連れられスキーに出掛けた氷ノ山や鉢伏山などに囲まれています。
また、日量5000tの湧水によって森林と高層湿原が形成され、
四季折々に約2000種の植物が自生しているそうです。
で~園内散策の前にランチすることにしてレストラン「ヒュッテブルンネン」へ・・・

こちらでは地元の本場但馬牛もいただけるとのことで、
姉達は楽しみにしていたすき焼きや牛丼で、
わたしは湧水(千年水)を使った豆腐料理をお願いしました。

3.JPG 4.JPG
5.JPG

こんな山の中のレストランですがお味もナカナカで~[手(チョキ)]
本格的なお料理がいただけるとランチだけのお客様も多いようでした。

そうやってお腹を満たした後、
先に湧水を汲むことになり20リットルが100円の自動販売機へ・・・

6.JPG

こちらのお水は園内でも飲めるのですが、
残念ながら、ただ今水質調査中とのことでこちらで汲むことになりました。

そして入園料510円を支払い、いよいよ入園です~[るんるん]
ただ、母と長姉は車で待つことになり、17haの園内の一部のみの散策となりました。

7.JPG
8.JPG 9.JPG
10.JPG 11.JPG
12.JPG 13.JPG

5枚の花弁が可憐なフシグロセンノウやレンゲショウマ、
それに宮尾登美子原作の「天涯の花」で有名になったキレンゲショウマなど
高山ならではの珍しい花を観ながら歩きました。

14.JPG

またスタッフに教えていただいたところ、ミズヒキソウって、
赤い花を裏返しにすると白っぽく見えることからその名になったそうですね。
いやぁ~確かに紅白となり納得!

15.JPG

そんな中、清流でしか生育しないという水中花のバイカモは、
例年より気温が低めだそうで開花せず、観ることができず残念でした。
そして最後に水の流れる音がする樹齢千年の大カツラの元へ・・・

16.JPG

この巨木のある上部(標高1,039m瀞川山の中腹)から水が湧き出てるそうですが、
水温は年中10℃前後で無菌のため、木が腐ることはないとか・・・

17.JPG

ちなみにお味の方は、全く癖がなく、とても素直なお味に思えました。

18.JPG

そうやって速足ではありましたが、園内散策を終え、
早めに宿へと向かうことになり、約1時間で到着したのは、
吉永小百合出演のドラマ「夢千代日記」でお馴染みの湯村温泉です。

21.JPG
22.JPG 23.JPG

家族旅行で訪れたのは初めてでしたが、
平安時代(848年)開湯より、98度のお湯がこんこんと湧き出て、
日本屈指の高熱の湯で知られているそうでこんな看板がありました。

24.JPG

これを見て思わず足元に手をやり、「アチッ!」と驚いたわたしでした~[がく~(落胆した顔)]

20.JPG

そしてお待ちかね~今宵の宿ゆあむでの夕食はといいますと・・・
残念ながらお品書を失くしてしまい詳しく紹介できませんが、
わたしはせいろ蒸しの一品が気に入りました~[揺れるハート]

25.JPG
26.JPG 27.JPG
28.JPG
29.JPG 30.JPG
31.JPG 32.JPG

何でもこちらの料理長は20代だそうですが、
やはりそんな若さで任されているだけあり、腕前は確かなようですね~[ぴかぴか(新しい)]
宿泊費もお手頃だし、こりゃリピーターになるかもね!?

33.JPG

あしあと(5)  コメント(7) 

あしあと 5

コメント 7

たいちさん

去年、竹田城へ行きましたよ。湯村温泉にも昔、一泊しました。
しかし、但馬高原植物園には行ったことないので、機会あれば行きたいですね。
錦織圭の快挙は、嬉しいですね。
by たいちさん (2014-09-04 23:12) 

ソニックマイヅル

こんばんは。今なのですが、嫁さんと一緒に拝見させて頂いていまして温泉卵が作れる所であったり、竹田城の跡地の話で盛り上がっています。私も行ってみたいです。^^;

by ソニックマイヅル (2014-09-04 23:41) 

よしあき・ギャラリー

いいですねー
命の洗濯とでもいうのでしょうか
氷ノ山に至る道筋に名所の数々
羨ましいの一言です
ご母堂お幸せです。
by よしあき・ギャラリー (2014-09-05 05:53) 

collet

★たいちさんへ
そうでした!竹田城へお出掛けでしたね~♪
それから但馬高原植物園は冬場は雪で閉鎖されるようです。
なので夏にお出掛けをおススメします~(^_-)-☆

7日の朝も早起きして応援ヨロシク!!


★ソニックマイヅルさんへ
どうぞ、どうぞ!
奥さん孝行も兼ねてお出掛け下さいませ~~(^^ゞ
あっ、そちらからなら近いですよね!?
by collet (2014-09-05 16:13) 

collet

★wattanaさんお立寄りありがとうございます!

★よしあきさんへ
マイナスイオン一杯の植物園、確かに命の洗濯ができましたよ!
あっ、ご馳走もありますし~~(*^^)v

母もとうとう歩行ができなくなりましたが、
外出が好きなもので助かってます~♪

by collet (2014-09-05 16:21) 

hirohiro

湯村温泉、行ったことがないです。
「夢千代日記」見ていました。でも
ここが舞台だとは意識してなかったというか・・・
知りませんでした。
河川敷が高熱で気を付けてなんて、注意書きがあるなんて、
お湯が豊富でさぞこんこんとしているんでしょうね。

旅館の夕食もおいしそう・・・colletさんのお泊りになる宿は
いつもおいしそうなお夕食でいいなあ。
by hirohiro (2014-09-06 21:10) 

collet

★hirohiroさんへ
「夢千代日記」をご覧でしたか!
当時は大変な話題となってましたが、
わたしは観てないのでストーリーも知らないんですよ~(>_<)
サスガ!ドラマ好きのhirohiroさんですね!!

それからここ湯村温泉は、ただ今地熱を利用しての電力開発が行われてるようです。
そりゃ、これなら使わなきゃモッタイナイと思いましたよ~~(^^ゞ

宿の食事は我々家族の一番の決め手です。
今回も若い料理長が気になってこちらにした次第です~(~o~)
by collet (2014-09-08 14:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。